不動産投資を始めるにはコンサルタントに相談すべき?

不動産投資を始めるにはコンサルタントに相談すべき?

FacebookTwitterLine

2018.6.28(木)

不動産投資

不動産投資のノウハウを学ぶためには

副業が認められつつある昨今では、サラリーマンでも資産運用によって資産を増やすことが当たり前になってきました。
また、安定した資産運用として不動産投資がよく挙げられますが、不動産の知識や投資のノウハウが乏しいと何からすればよいのか悩むところです。

初心者で資産運用を行う場合、一体何から始めればよいのでしょうか?
こちらでは、不動産投資を始めるにはコンサルタントに相談すべきなのかという観点で考えていきます。

不動産投資コンサルタントとは

コンサルタントとは、「課題を明確にして、解決するためのアドバイザー」です。
不動産投資の分野で言えば、物件選定や融資といった不安を解消し、投資が成功するためのお手伝いをする専門家です。

また、物件購入後の不動産管理や売却のタイミング、再投資の仕方もフォローしてくれます。
不動産コンサルタントによっては、投資と向き合うマインドづくり、不動産投資に必要な知識の習得方法などもサポートしてくれるでしょう。

ただし注意しておきたいのは、コンサルタントがあなたの代わりに資産運用を行うわけではない点です。
コンサルタントの仕事は、あくまでも提案です。

提案された不動産の利益が発生しなくても、コンサルタントには弁済責任が発生しません。
最終的な判断を行う際には、十分注意してください。

信頼できるコンサルタントの条件

コンサルタントは責任を負う必要がないため、悪質な業者ほどハイリスクな投資をすすめてきます。
信頼できるコンサルタントの条件を理解して、不動産投資で失敗するリスクを減らしましょう。

専門性の高い資格を保有している

資格があれば必ず安心できるわけではありませんが、専門知識をもっているため信頼につながります。

特にチェックしたいのが、FP(ファイナンシャルプランナー)1級です。
FP1級に合格するためには、不動産のほかに税金、相続、リスク管理なども学ぶ必要があります。

さらに、試験を受けるためには実務経験1年以上が求められるので、取得しているコンサルタントは信頼できるといえます。
また、FP1級と合わせて、宅建を保有していることを確認してもよいでしょう。

資産運用の実績で判断する

コンサルタントの資産運用経験だけではなく、過去の相談人数もチェックしてみてください。
アドバイスの質は、相談件数に応じて良くなるものです。

場数を踏んだコンサルタントであるほど、資産運用のアドバイスを受けたときに満足感を得られやすいでしょう。
成功事例と失敗事例を数多く知っているコンサルタントを見つけましょう。

物件の魅力以外を伝えてくれる

信頼できるコンサルタントは、ネガティブな意見もきちんと主張します。
どんな物件でも悪い点が少なからずあるため、100点満点の物件なんて存在しません。

「ここだったら、あなたは何もしなくても不労所得を得られます」
「この立地条件で高利回りだったら、すぐに手を出しましょうね」
などと言われたら注意しましょう。

購買意欲を刺激するだけのコンサルタントは、避けるべきです。

また、物件の説明ばかりをして、相談する側の資産状況を考慮しないコンサルタントにも気をつけましょう。
一人ひとりに合った不動産投資の戦略を一緒に考えてくれる、そんなパートナーが理想です。

たとえば、節税対策に詳しくない依頼者に対して、不動産購入後の税金の申告などもサポートしてくれるコンサルタントであれば信頼できます。

まずはセミナーを受けてみる

信頼できるコンサルタントが分かっても、そのような方を探すとなると何をしてよいのか悩んでしまうでしょう。
そんなときは、まずセミナーに足を運んでみましょう。

不動産のセミナーは、毎週のようにどこかしらで開催されています。
忙しいとついウェブや書籍に手をのばす方が多いですが、これから不動産投資を考えている方々と話せて、実際にコンサルタントと会えるほうがモチベーションにつながりやすいです。

ちなみにセミナーを受ける前の心がまえとして、自分の考えをきちんと主張したほうがよいです。

「儲かるためにはどうすればいいのでしょうか?」と聞くよりも、「今後は都心物件をターゲットとした戦略を考えています。何かアドバイスを頂けませんか?」とアピールしてみましょう。
そうすることで、より自分とマッチングする不動産投資コンサルタントに出会えます。

理想の相談相手を見つけることを目的にしない

コンサルタントに相談することで、より早く自分の不動産投資メソッドを確立できます。

しかし、コンサルタントはあくまでもアドバイスをしてくれるだけです。
資産運用の結果が悪くても、最終的には自己責任となります。

コンサルタントに頼ってばかりの不動産投資では、今後の資産運用で痛い目を見てしまうでしょう。

まずはセミナーなどで情報収集や人脈づくりを行い、その過程で信頼できるコンサルタントに出会えるのが理想です。
悪徳業者の甘い言葉に惑わされないように、不動産投資の正しい知識を身につけたサポーターを探してみてください。

コラム一覧に戻る