不動産投資ローンを繰り上げ返済するメリット・デメリット

不動産投資ローンを繰り上げ返済するメリット・デメリット

FacebookTwitterLine

2018.4.12(木)

不動産投資

不動産投資ローンの繰り上げ返済とは

安定した収入を得られると人気の不動産投資ですが、投資を始めるにあたっては資金が必要となります。

まず、運用する物件を購入しなくてはなりません。
そして購入するための資金が必要となりますが、基本的にほとんどの方は金融機関から融資を受けて物件の購入をします。

その投資物件を購入する際に利用する金融商品が、不動産投資ローンです。
さまざまな銀行で不動産投資ローンは扱われていますし、金利をはじめとするいろいろな部分が異なります。

不動産投資ローンを利用すれば自己資金がなくとも物件を購入することが可能です。
また、運用を始めることが可能になりますが、当然金融機関からの借金ということになりますので、毎月返済が必要となります。

不動産投資ローンの繰り上げ返済というのは、決められた月々の支払額とは別にローンの一部を前倒しして返済することです。
繰り上げ返済にも、月々の返済額はそのままで返済期間を短縮する期間短縮型と、返済期間は変えずに返済額を少なくする返済額軽減型の2種類があります。

ここでは、不動産投資に欠かせない不動産投資ローンのメリットとデメリットについてお話します。
今現在、不動産投資ローンを検討している方、物件購入を考えている方などはぜひ目を通してください。

繰り上げ返済のメリット

不動産投資ローンの繰り上げ返済にはさまざまなメリットがありますし、多くの方はそのメリットがあるために繰り上げ返済をしています。
では、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

トータルでの返済額を軽減できる

不動産投資物件を購入するとなるとそれなりの金額になりますし、比較的安価な物件でも1000万円は超えるでしょう。
仮に1000万円だとしてもさらに金利がプラスされますし、相当な返済総額となります。

繰り上げ返済をすることによって総返済額を軽減できるというメリットがあります。
月々の返済額とは別に前倒しで返済するわけですから、元金を減らしていくことが可能になるのです。

不動産投資が順調に進み、自由に使えるお金が増えてきたらそれを繰り上げ返済に回すことによって、トータルでの返済額を少なくすることが可能になります。

支払いが早めに終わる

期間短縮型をチョイスした場合だと返済期間が短くなります。
返済期間が長くなればなるほど支払いは辛くなるものです。
さらに、そのあいだに空室ができてしまうと、より辛くなります。

繰り上げ返済によって支払期間を短縮することができれば精神的にも楽になりますし、空室が発生する前にローンが終わるかもしれません。

金利変動へのリスクヘッジ

不動産投資ローンで金利変動型を選んでいた場合だと、金利変動の影響を受けてしまう恐れがあります。
いつまでも低金利な状態が続くわけではありませんし、いつか金利も上昇すると考えられます。
ほんのわずかでも金利が上昇してしまうと返済額も増えてしまいますから、大きなデメリットといえるでしょう。

繰り上げ返済をすれば返済期間も圧縮できますし、金利が変動する前に返済を済ませることも可能です。
金利上昇に対するリスクヘッジにもなるというメリットがあるのです。

繰り上げ返済のデメリット

たくさんのメリットがある不動産投資ローンの繰り上げ返済ですが、デメリットがあるのも事実です。
メリットのみに着目するのではなく、デメリットについてもきちんと理解しておくことが大切です。

手もとのお金が少なくなる

不動産の経営によって自由にできるお金が増え、それを繰り上げ返済に回すというケースは少なくありません。
しかし、そうなると当然手元に残るお金は少なくなってしまいますし、急にお金が必要になったとき対処できなくなることも考えられます。

賃貸経営では急な出費もつきものですし、物件のメンテナンスやリフォームのためにお金が必要になることもあります。
また、空室ができた場合だと急遽広告を打つ必要に迫られることもあるでしょう。
このようなときに手元に使えるお金がないとなれば大変です。

新しく投資したくてもできない

繰り上げ返済に余剰金を使ってしまうと、新たな投資を始めることができません。

端からそんなつもりはないという方なら問題はありませんが、複数の物件を運営したいと考えている方だとこれはデメリットではないでしょうか。
手元に資金がないことで、新しく不動産投資ローンを組むときに不利になってしまうようなことも考えられます。

繰り上げ返済をよく理解したうえで活用する

不動産投資ローンの繰り上げ返済にはメリットもあればデメリットもあります。
それさえきちんと理解できていれば後悔するようなことにはならないでしょう。

また、ここでお話したように、不動産投資ローンの繰り上げ返済には期間を短縮できるものと返済額を減らせるものの2タイプが存在します。
どちらが今の自分にマッチしているか、冷静に判断して選択するようにしましょう。

コラム一覧に戻る