不動産投資の基本!不動産管理会社の選び方

不動産投資の基本!不動産管理会社の選び方

FacebookTwitterLine

2018.4.12(木)

不動産投資

不動産投資に必須ともいえる不動産管理会社

マンションやアパートのオーナーが、物件と入居者の管理をすべて行うのは困難です。
現在は不動産管理会社がオーナーに代わって、管理を代行しているケースがほとんどです。
つまり、管理会社が間に入っています。

不動産管理会社は文字通り不動産を管理することを生業としており、物件オーナーに代わってさまざまな業務代行を行っています。
管理会社によって多少業務領域に違いがあることもありますが、入居者の募集はもちろんのこと、建物のクリーニングやメンテナンス、家賃の徴収、クレームへの対応といったことをしてくれます。

これによって、物件オーナーは安心して不動産経営に集中できます。

その反面、少数派ではありますが、管理会社を利用するとなるとコストもかかるため、自らですべての管理をしているというオーナーがいるのも事実です。
ただ、そのようなケースは現代においては稀ではないでしょうか。

ここでは、今後不動産投資をしてみたいと考えている方、管理会社を探しているという方のために不動産管理会社の選び方について詳しくお話しします。

管理会社を選ぶときのポイント

現在、たくさんの不動産管理会社があります。
しかし、サービスの内容はもちろん、その質もそれぞれ異なります。

管理会社によってはサービスの品質が著しく悪いところもありますから、そのようなところに委託してしまうと物件と入居者をきちんと管理できないことも考えられます。
ここでは、管理会社を選ぶときに重要となるいくつかのポイントについてお話しますので、ぜひ参考にしてください。

実績が豊富な会社を選ぶ

当たり前のことかもしれませんが、管理会社を選ぶときにはできるだけ実績の豊富なところを選びましょう。
実績が豊富ということはノウハウも蓄積していますし、物件に応じた適切な管理を行ってくれます。
古くから営業している息の長い会社、取り扱っている管理物件の多い管理会社であれば、実績が豊富だと判断していいでしょう。

担当者との連絡がきちんととれる

管理会社に委託した場合でも、オーナーから連絡をとりたいことは多々あるはずです。
このようなとき、すぐに担当者と連絡のとれる管理会社を選ぶようにしましょう。

管理会社によっては担当者とまったく連絡が取れない、全然折り返しの連絡がこないということもあります。
そういったことがないように、担当者とスムーズに連絡が取れるような管理会社を選んでおくと安心です。

集客力のある会社

不動産投資において、もっとも不安なことは空室です。
空室リスクは絶対につきまとうものですが、集客力のある管理会社をパートナーにしているのならそのリスクも多少は下がるでしょう。

集客に強い管理会社なら、いろいろな方法で入居者を募ってくれます。
また、空室ができたとしても比較的短期間で入居者を見つけてくれるでしょう。

トラブルの対応力

入居者同士がトラブルを起こした、クレームが発生した、ということは賃貸運営を行う上でよく起こることです。
このようなトラブルは基本的に管理会社に対応を一任することになりますが、やはり会社によって対応力はまちまちです。

スピーディかつスムーズにトラブルを収束させてくれる管理会社ももちろんあります。
しかし、なかなかトラブルを解決できないところや、火に油を注ぐような真似をしてしまう会社もあります。
そういった管理会社だと、オーナーにも火の粉が降りかかってきますから大変です。

不動産運営において生じるあらゆるトラブルに対し、迅速かつ確実な対応をしてくれる力のある管理会社を選びましょう。

経営状況も重要

管理会社の経営状態も重要なポイントです。
管理会社に管理を委託すると、入居者からの家賃は一度管理会社に振り込まれ、そこからオーナーに振り込まれます。

もし、管理会社の経営状況が悪いとなると、入居者から振り込まれた家賃を経営資金に使われて、オーナーに渡らないまま破綻してしまうということも考えられます。

契約する前に営業担当に確認する、もしくは信用調査会社などを利用して経営状況を把握しておくと安心です。

管理会社を変えることは可能なのか

管理会社がきちんと仕事をしてくれない、満足いく管理をしてくれないという場合には管理会社を変えるということも可能です。
ただし、変更前に契約内容がどのようになっているかを確認しておきましょう。
もし契約期間が残っている場合だと、違約金が発生してしまうこともありますから注意が必要です。

適切に管理会社を選ぼう

不動産投資において管理会社はなくてはならないものです。
オーナーが建物と入居者の管理をすべて行うことは難しいですし、特に副業でマンションを経営するようなケースだと不可能に近いといえます。

何度もいいますが、管理会社によってサービス内容や質は大きく異なりますから、適切に管理会社を選ばなくてはなりません。
ここでご紹介したことが少しでも参考になると幸いです。

コラム一覧に戻る