不動産投資(マンション)ローンを借り換えるメリット・デメリット

不動産投資(マンション)ローンを借り換えるメリット・デメリット

FacebookTwitterLine

2018.4.12(木)

不動産投資

不動産投資ローンの借り換えとは

不動産投資を始めるには物件が必要となりますが、マンションやアパートを自己資金のみで購入するという方は少数派です。
多くの場合、銀行から融資を受けてそのお金で物件を購入することになります。

不動産投資ローンは、文字通り不動産投資のために利用できる金融商品で、現在ではさまざまな銀行で用意されています。
不動産投資ローンを利用することで自己資金がほとんどない方でもマンションやアパートのオーナーになることができますし、大家になりたいという夢を叶えることが可能になります。

そんな不動産投資ローンの借り換えとはいったいどういうこと?と思った方もおられるでしょう。
先述したように不動産投資ローンはさまざまな金融機関で扱っています。
つまり、別の銀行が扱っている不動産投資ローンに途中から切り換えるということも可能なのです。

ただし、不動産投資ローンを借り換えするにあたってはメリットもあればデメリットもあります。
そこをしっかり理解しておきましょう。

ここでは、不動産投資ローンの借り換えにおけるメリット・デメリットについてご紹介します。
ぜひ今後の参考にしてください。

不動産投資ローンを借り換えるメリット

不動産投資ローンの借り換えは、決して珍しいことではありません。
基本的にはメリットがあるから借り換えるのですが、果たしてどのようなメリットがあるのでしょうか。
一つずつ見ていきましょう。

金利が下がる

不動産投資ローンを借り換える理由でもっとも多いのは、金利が下がるからということです。
金融機関によって商品の金利は異なりますし、金利が高く設定されているところもあれば、低いところもあります。
金利を下げられるというのは最大のメリットと言えるでしょう。

返済の負担が減る

金利が下がることによって、月々の返済負担も軽減されます。
毎月の返済が苦しい、ギリギリというケースだと不動産投資ローンの借り換えは大きな負担軽減効果が見込めます。

余裕ができる

返済の負担が軽減することで、資金に余裕ができます。
浮いたお金を物件のメンテナンス費用に回してリフォームすることで、物件の資産価値を今以上に高めることが可能になるでしょう。
また、別物件を購入して新しく投資を始めることも可能です。

不動産投資ローンを借り換えるデメリット

さまざまなメリットがある不動産投資ローンの借り換えですが、やはりデメリットもあります。
メリットだけに目を奪われてしまうと、借り換えてから後悔することも考えられます。
メリットのみでなくデメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

諸費用がかかる

不動産投資ローンを借り換えるときには、さまざまな費用がかかります。
新しくローンの設定をするには手数料や保証料が必要となりますし、抵当権抹消・設定費用や生命保険料、印紙税などもかかってくるでしょう。

こうした諸費用がかさんでしまうと、借り換えのメリットがなくなってしまう恐れがあります。
借り換えを検討するケースは、ローンの残債を少なくして負担を軽くしたいという場合がほとんどです。
しかし、諸費用がかかりすぎてしまうと結果的に借り換える前と変わらなかった、ということにもなりかねません。

借り換えをする前に、諸費用はいくらかかるのか計算してみると良いでしょう。

月々の負担が多くなるケースも

不動産投資ローンを借り換えることによって金利が下がり、トータルでの返済額が少なくなりますが、返済期間を圧縮される可能性があります。
返済期間を短く設定されることによって月々の負担が増えてしまう、ということもありますから注意が必要です。

金利変動のリスク

新たに設定したローンが固定金利ではなく、変動金利になってしまうこともあります。
また、それが原因で金利が上昇してしまうということも考えられます。

こうなってしまうと、せっかく借り換えたのにまったくメリットはなくなってしまいます。
金利が変動することはほとんどない、などと言われても鵜呑みにしない方がいいでしょう。

相場は常に動いていますし、金利がいつ上昇するかなど誰にもわかりません。
突然、何の前触れもなく金利が上昇してしまうことも考えられます。
そうなった場合、返済総額が高くなってしまうこともあります。

メリット・デメリットを理解すること

不動産投資ローンを借り換えるメリットとデメリットについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
魅力的なメリットばかりに目がいきがちですが、デメリットについてもしっかり理解しておかねばなりません。

デメリットを知らずに借り換えをしてしまい、失敗したというケースも少なくありません。
自分に合った借り換えを行い、少しでも返済の負担を減らせるようにしましょう。

また、別の金融機関から借り換えを打診されたときは、一度契約中の銀行などで金利を下げられないかどうか相談してみるのも一つの手段として覚えておきましょう。

コラム一覧に戻る