貯金に対する投資の最適な割合(バランス)

FacebookTwitterLine

2018.2.22(木)

不動産投資

投資と貯金のバランス

投資でもっともやってはいけないと言われているのが、全財産をつぎ込んでしまうことです。
投資家の中では常識となっていますし、そのようなギャンブル的投資をしてしまうと一度の判断ミスで全財産を失ってしまうことにもなりかねません。

では、なるべく小さな額で投資をすればいいのかと言うとそれも微妙です。
小さな金額で大きな利益を狙えればベストなのですが、なかなかそうもいかないのが投資の難しいところでもあります。

初心者のうちは少ない額で投資をするのも良いですが、ここでは貯金に対する投資の最適な割合、バランスについて考えてみたいと思います。
今現在投資をしているという方の中にも、貯金と投資につぎ込む金額の割合で悩んでいる方はおられるでしょう。
ここでお伝えしたことが少しでも参考になれば幸いです。

貯金しながら投資するメリット

貯金をしながら投資をするメリットの一つとして、少しずつでも資産を増やしていけるということが挙げられます。
投資をしている方の中には貯金をまったくせずに運用を続けているという方もおられるでしょうが、これだといつまで経っても資産は増えません。

利益が出たときのお金を少しずつでも貯金に回していけば資産を作ることができますし、仮に投資で失敗したとしても生活が破たんするようなことはありません。

貯金金額から考える貯金と投資のバランス

ここではいくつか例を挙げて貯金と投資のバランスについて考察してみましょう。

7:3の割合

ここでは投資に7、貯金を3とします。
この割合だと利益が出たときには相当大きな金額を手にすることもできるでしょうが、逆にリスクも抱えています。
7割ものお金をつぎ込んでいるのですから、仮に失敗してしまうとあっという間に資金のほとんどがなくなってしまうということです。
ハイリスクハイリターンと言わざるを得ないバランスです。

5:5の割合

貯金と投資額の割合がちょうど半々というケースです。
利益が出たときにはしっかりと恩恵を受けることができるでしょうし、失敗したとしても全資金の半分は手元に残るということになります。
精神的にも余裕を持てるバランスではないでしょうか。

3:7の割合

投資に3、貯金に7という割合です。
これだと利益が出たときも大きな儲けにはなりませんが、万が一相場が予想していなかった動きを見せたときや大暴落したときもダメージを最小限に抑えることができます。

投資で資金を全部なくした、生活が破たんしたといったこともまずないでしょうから安全な投資運用ができるでしょう。
初めて投資にチャレンジする方は3:7が良いのではないでしょうか。

年齢から考える貯金と投資の割合

20代の場合

20代だと仮に失敗してもいくらでもやり直せますから、8割程度を運用に回しても問題はないでしょう。
もちろん、だからといって無茶な投資も大丈夫というわけではありませんから注意してください。

30代の場合

30代だと投資に7割程度はつぎ込むことができます。
ただ、30代になると結婚やマイホーム購入などさまざまなイベントもありますから、着実に資産形成をしていく必要もあります。
それを考えたうえで慎重な投資を行うべきでしょう。

40代の場合

40代の方だと6割程度を投資に回せます。
早い方だとお子さんもすでに独立しているかもしれませんし、そのような場合はもう少し回してもいいかもしれません。

50代の場合

50代だと5割程度を投資運用できます。
この年齢だと老後のことも考えなくてはなりませんからリスクの高い資産運用は厳禁です。
分散投資するなど可能な限りリスクを排除する方向で動くべきではないでしょうか。

60代以降の場合

60代以降となると運用に使えるのは3~5割程度ではないでしょうか。
大きなリターンを狙ってしまうと失敗したときに怖いですし、老後の人生計画が台無しになってしまうかもしれません。
リスクを可能な限り排除し、分散投資を心がけてください。

自分に合っているバランスを

貯金と投資額、年齢と投資額のバランスをお伝えしてきましたが、どれが自分に合っているかは人によってまちまちです。
自身の収入状況などによっても変わってきますから、トータルで考えたうえでもっとも自分にマッチしたバランスで投資運用するということが大切です。

まとめ

貯金と投資の最適な割合に明確な数字はありませんから、結局は自分で判断することになるでしょう。
これから投資を続けていれば必ず「もっとたくさん購入しておけば良かった」といったシーンに直面するでしょうし、「どうしてこんなに買ってしまったのか」と後悔するようなこともあると思います。

投資で絶対に勝つ方法はありません。
自分でベストだと思える割合で投資していたとしても、後悔することは多々あるでしょう。
そうしたことも含めて投資だと考えてください。
とりあえず初心者の方はリスクを回避する方向で考えましょう。
本当の素人なら貯金9割、投資に1割程度で十分ですから、学びながら経験を積み、そこから貯金との割合を考えていけば良いのです。

コラム一覧に戻る